大人ニキビに悩んでいるなら低用量ピルが効果的

若い10代の頃のニキビとは違って治るのは遅く、治ってもまた出来てしまったり跡が残ったり…。そんな大人ニキビに悩んでるのなら避妊薬でもある低用量ピルを使ってみてはどうですか?ホルモンバランスが整って大人ニキビが改善されますよ。

*

正しく使えばほぼ完璧に避妊できるのは低用量ピルのトリキュラー

望まぬ妊娠を避けるために一番効果的な方法は、性行為をしないことです。なぜなら性行為以外で、妊娠をする可能性は絶対にないからです。

しかし、性行為は繁殖活動以外にも愛の確認であったり、快感を得るための行為であるため、性行為自体をしないというのは現実的ではありません。そのため、避妊を徹底することが次善の策となるのですが、どのような方法を選ぶにしても100%の確率で確実というものはありません。しかし、低用量ピルを正しく使うことによって、ほぼ完璧に避妊をすることができるので、絶対に妊娠を避けたい女性にとっては非常に便利な薬となっています。

低用量ピルのトリキュラーが避妊できる理由

経口避妊薬の仕組みは一体どのようなものかといえば、まず卵胞ホルモンと黄体ホルモンで排卵を抑制します。子宮内膜を厚くすることもないので、万が一排卵や受精が起こってしまっても着床をすることがないので妊娠をしないのです。それと、膣内の粘液が減少し、粘性がアップすることによって精子が子宮に入りにくくなるために避妊効果が上がります。

このように複数の要因が重なりあうことによって、妊娠をしてしまう確率というのは極めて低いものとなり、服用法さえ間違わなければ、ほぼ完璧に避妊をすることができます。

低用量ピルとして現在人気が高いものとしては、トリキュラーがあり、これは副作用も少なく人体に悪影響をおよぼすことが少ないので、安心して飲むことができる経口避妊薬となっています。

低用量ピルは1日1錠を忘れずに飲むこと

トリキュラーの服用方法は至って簡単なもので、1日1錠を決まった時間に飲むだけで、効果を発揮してくれます。

トリキュラーを使用する際の注意点としては、他の経口避妊薬と同様に正しく使うことが重要であり、特に大事なことは飲み忘れが無いようにすることです。

低用量ピルを飲んでいて避妊に失敗してしまうパターンというのは、単純に薬を飲み忘れたというケースが多いので飲み忘れをしないようにしましょう。効果があらわれる時期を間違わなければ、妊娠をしてしまうという可能性は極めて低いものにすることができるので、絶対妊娠を避けたいという場合にもっとも期待できる避妊法となっています。

もし飲み忘れをした場合、いつもの飲んでいる時間から24時間以内であればすぐに飲みましょう。そしていつもの時間になればその日の分を飲んでしまって大丈夫です。しかし、24時間を過ぎてしまった場合は、現在飲んでるシートは一旦止めて、また次の生理が来てから新しいシートで飲むことを再開します。

もちろん、飲むことを止めている間に性行為があるのであれば、避妊効果はありませんので、コンドームなどの他の避妊方法を考えましょう。

公開日: