大人ニキビに悩んでいるなら低用量ピルが効果的

若い10代の頃のニキビとは違って治るのは遅く、治ってもまた出来てしまったり跡が残ったり…。そんな大人ニキビに悩んでるのなら避妊薬でもある低用量ピルを使ってみてはどうですか?ホルモンバランスが整って大人ニキビが改善されますよ。

*

大人ニキビに低用量ピルはなぜ効果的?注意点や副作用はある?

      2016/03/24

「ニキビは青春のシンボル」とも言われますが、実際には大人になってからでもできることは少なくありません。大人になってからできるニキビのことを「大人ニキビ」と呼びます。

10代の若い頃のニキビの治療法とは違って、大人ニキビには避妊薬でもある低用量ピルが効果的となっています。

大人ニキビは女性ホルモンのバランスが原因

原因として考えられる事は、古い角質が残っている事や不規則な生活、栄養バランスの崩れ、ホルモンのバランスなどです。

基本的には乾燥しない様にしたり、睡眠時間の確保などが有効な方法としても良く知られていますが、それ以外に低用量ピルを利用すると言うのも良い方法です。低用量ピルを利用することによって、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待出来ます。

また、女性ホルモン自体は皮脂の分泌を促す効果も期待できる為、肌の乾燥などを防ぐ事もできるのです。従って、低用量ピルを利用することによって効果的に大人ニキビを改善することは十分可能です。

低用量ピルの副作用について

ただ、実際には低用量ピルを利用する場合は、服用できない人や副作用などの注意点があります。

  • 低用量ピルの副作用

一般的に低用量ピルに関しては、副作用も少ないタイプだと言う事はよく知られていますが、その人の体質によっては、どうしても吐き気などを感じてしまう事も少なくなく、妊娠の初期のような症状がある場合もあります。他には倦怠感や頭痛、眠気などが強くなったりすることがありますが、体が薬に慣れれば、そういった副作用はほぼ感じなくなる事が多いです。

また、ピルに含まれているエストロゲンが血液を固める因子を持つため、血栓のリスクが高まることがあります。40歳以上の人が服用する場合は、十分注意をしてからの服用がいいでしょう。

  • 低用量ピルが服用できない人

喫煙の習慣がある人も血栓のリスクが高まってしまう為、服用できないと言うことになっています。もし服用したいと思ったら、禁煙する必要があると言うことを知っておくべきです。他に、肥満傾向にある人や血縁者の中に血栓症になったことがある人、筋腫などの女性系の疾患がある人などは、専門の医師に相談してからの服用をおすすめします。

低用量ピルを良く知って効果的に服用

一般的には、正しく服用する事によって避妊効果も期待できるだけでなく、肌の調子が良くなる、月経前症候群なども軽減することができると言う様に、メリットが多いと扱われている薬です。実際に服用する場合、は医薬品ですのでいくつか注意しなければいけない点も存在しています。初めて利用する場合は、自己判断で服用してしまうのではなく、医師・薬剤師の指導の下で服用する事が基本です。

また、副作用はそれほど強く出ることはありませんが、強い吐き気などを感じてしまった場合などは、そのまま飲み続けるのではなくいったん服用を中止して、医師・薬剤師に相談する必要があります。そういう点に注意して利用すれば、比較的安全に、そしてある程度その薬の効果を感じながら利用する事は十分可能です。