大人ニキビって10代の思春期ニキビとはどう違うのか?

顔にポツっとできてしまうニキビには、10代にできる思春期ニキビと大人になってできる大人ニキビとがあります。

この2つはいくつか異なる点があり、原因や対処の仕方も違います。

思春期ニキビは皮脂の分泌過剰

まず、思春期ニキビの場合は、10代にでき成長ホルモンや性ホルモンが活発になるため、皮脂の分泌も過剰になりその結果毛穴が詰まり炎症を起こします。ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすくなり、赤ニキビや白ニキビといったニキビの最終段階に行くことが多くなるのが特徴です。

また、できる場所としては、皮脂の分泌が多く洗い残しが多くなる額や鼻、頬などで、広範囲にできます。夏場にできやすいですが、ニキビをできにくくするには乾燥に気を付けることです。洗い残しがないようにすることも大事ですが、洗いすぎてしまうと肌が乾燥し、さらに皮脂が分泌されるので、皮脂の量と肌の水分量のバランスが大事になってきます。

また、チョコレートなどの油脂が多く含まれているものは、さらに量を増やしてしまいます。野菜を中心としたバランスの良い食生活を送るようにします。

大人ニキビはホルモンバランス

大人ニキビは20代以降になりやすく、原因がいくつかあるのが特徴で、睡眠不足やダイエットのし過ぎ、ホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れ、ストレス、飲酒や喫煙、間違ったスキンケアなどがあげられます。

特にストレスを強く感じたりすると、肌のターンオーバーが乱れ、いつまでも古い細胞が残ってしまいます。古い細胞が残ると角質もたまり、どんどん厚くなっていくため、毛穴は詰まりやすくニキビとなってしまいます。

思春期ニキビとは違い、原因を一つに絞ることは難しく、いくつかの要因が重なってニキビができてしまいます。

できる場所としては、あご近辺が最も多く、首筋やフェイスラインに沿ってできることもあります。皮脂が少ない場所にでき、空気が乾燥する冬場にできるのが特徴です。また、同じ場所にできるのも思春期ニキビとの違いです。

ニキビができないようにするにはストレスをためない、睡眠不足に気を付けるといったことの他、食生活を見直すことも効果があります。

食生活を整え、ビタミンを取る事はとても重要

大人ニキビの場合も思春期ニキビの場合も、できないようにするにはビタミンCを多くとることです。

ビタミンCは角質がたまりにくくなり、肌を整える働きがあります。また抗酸化作用があるためアクネ菌の増殖を抑える働きもあります。