大人ニキビって10代の思春期ニキビとはどう違うのか?

顔にポツっとできてしまうニキビには、10代にできる思春期ニキビと大人になってできる大人ニキビとがあります。

この2つはいくつか異なる点があり、原因や対処の仕方も違います。

思春期ニキビは皮脂の分泌過剰

まず、思春期ニキビの場合は、10代にでき成長ホルモンや性ホルモンが活発になるため、皮脂の分泌も過剰になりその結果毛穴が詰まり炎症を起こします。ニキビの原因となるアクネ菌が増殖しやすくなり、赤ニキビや白ニキビといったニキビの最終段階に行くことが多くなるのが特徴です。

また、できる場所としては、皮脂の分泌が多く洗い残しが多くなる額や鼻、頬などで、広範囲にできます。夏場にできやすいですが、ニキビをできにくくするには乾燥に気を付けることです。洗い残しがないようにすることも大事ですが、洗いすぎてしまうと肌が乾燥し、さらに皮脂が分泌されるので、皮脂の量と肌の水分量のバランスが大事になってきます。

また、チョコレートなどの油脂が多く含まれているものは、さらに量を増やしてしまいます。野菜を中心としたバランスの良い食生活を送るようにします。

大人ニキビはホルモンバランス

大人ニキビは20代以降になりやすく、原因がいくつかあるのが特徴で、睡眠不足やダイエットのし過ぎ、ホルモンバランスの崩れ、食生活の乱れ、ストレス、飲酒や喫煙、間違ったスキンケアなどがあげられます。

特にストレスを強く感じたりすると、肌のターンオーバーが乱れ、いつまでも古い細胞が残ってしまいます。古い細胞が残ると角質もたまり、どんどん厚くなっていくため、毛穴は詰まりやすくニキビとなってしまいます。

思春期ニキビとは違い、原因を一つに絞ることは難しく、いくつかの要因が重なってニキビができてしまいます。

できる場所としては、あご近辺が最も多く、首筋やフェイスラインに沿ってできることもあります。皮脂が少ない場所にでき、空気が乾燥する冬場にできるのが特徴です。また、同じ場所にできるのも思春期ニキビとの違いです。

ニキビができないようにするにはストレスをためない、睡眠不足に気を付けるといったことの他、食生活を見直すことも効果があります。

食生活を整え、ビタミンを取る事はとても重要

大人ニキビの場合も思春期ニキビの場合も、できないようにするにはビタミンCを多くとることです。

ビタミンCは角質がたまりにくくなり、肌を整える働きがあります。また抗酸化作用があるためアクネ菌の増殖を抑える働きもあります。

大人ニキビの原因と改善の方法は?

大人ニキビは、20歳以上の人に繰り返しできるニキビのことをいいます。

フェイスラインや口の周りにできやすく、10代の頃の思春期ニキビとは異なり繰り返しできやすく、そのまま放置してしまうと、ニキビ跡やシミなどの原因になる可能性も高く、重症化することもあります。

大人ニキビの原因とはどのようなことがあるのでしょうか?

ストレスなどが大人ニキビの原因に

原因としては、肌の新陳代謝のリズムが乱れてしまうことがあげられます。新陳代謝の乱れによって肌に溜まって厚みが増した角質層がきれいに剥がれずに、毛穴を塞いでしまうためです。

新陳代謝の乱れは

  • 睡眠不足
  • 偏った食生活などといった生活習慣の乱れ
  • ストレス
  • 喫煙
  • 飲酒
  • 紫外線などによる刺激
  • 間違ったスキンケア

などによって引き起こされてしまいます。

毎日の生活の中で、睡眠不足やストレスをためることなどによって生活習慣が乱れてしまうと、ポツポツと現れ始めてしまうことがあります。紫外線から肌を守ろうとして厚みができた夏の角質は、冬が近くなるにつれて乾燥し、肌トラブルを起こしてしまうことから、冬が近くなると大人ニキビができやすくなってしまう場合もあります。

女性特有の排卵時期などホルモンバランス

女性の場合は、排卵期の時期である生理の2週間前あたりから生理が始まるまでの間に、できやすくなることもあります。

また女性は20歳以上になると、女性ホルモンのエストロゲンやプロゲステロンの増減が起こりやすくなり、ホルモンバランスを乱してしまうことがあります。女性ホルモンが乱れてしまうと、男性ホルモンが優位となり、皮脂腺が発達して毛穴から過剰に皮脂が分泌してしまい、増えすぎた皮脂が毛穴に詰まってしまうと、ニキビができやすくなってしまいます。

低用量ピルは改善方法の1つ

大人ニキビの改善方法としては、ホルモンバランスを整えることができる低用量ピルを利用するのも良い方法です。

低用量ピルは避妊薬としてよく知られているものですが、女性ホルモンを整える作用があります。ただし個人差がありますが、低用量ピルには副作用が起こることもあるので、予め確認をしておくことと、服用後にいつもと違うなど思った場合には、婦人科に相談してみるとよいでしょう。

ビタミンケアで改善

その他の改善方法としては、ビタミンケアがあります。

肌の免疫力を高めて、原因菌の増殖を抑制するビタミンAやB6はホウレンソウやニンジン、マグロやサンマ、皮脂の過剰な分泌を抑制するビタミンB2はレバーやうなぎ、ニキビの予防、色素沈着の予防、コラーゲンの生成の促進効果のあるビタミンCは野菜や果物に含まれています。また抗酸化作用が強く血行促進、新陳代謝促進効果のあるビタミンEは、アーモンドやモロヘイヤなどに含まれています。

これらの栄養素が不足しないように、毎日の食事を工夫するようにしたり、これらの成分が含まれるスキンケア用品を利用して、ビタミンケアを行うようにすると良いでしょう。

病院に行かずに低用量ピルのトリキュラーを購入する方法

低用量ピルのトリキュラーを手に入れたいときは、婦人科で処方してもらう必要があります。しかし、何度も処方箋をもらうためだけに病院へ通うのは面倒ですし、仕事が忙しくて、通院する時間が作れないこともあります。

そういう時こそ、個人輸入で直接購入する方法があります。

病院に行かずに薬局等では購入できない薬

「病院に行かずに薬局で簡単に買えたらいいのに」と考えている人も多いことでしょう。しかし日本国内では、トリキュラーは処方箋なしで販売できないため、ドラッグストアや薬局等での一般購入はできません。

そんな時におすすめしたいのが海外からトリキュラーを個人輸入する方法です。これなら処方箋も必要なく、24時間いつでも注文できますし、まとめ買いをすることもできます。

もちろんトリキュラーの品質は海外製でも同じです。効き目が悪いとか偽者ではないかと、心配する必要はありません。

しかしいきなり個人輸入、と言っても経験がない人には少々ハードルが高いのが実情です。

個人輸入も代行サイトを利用すれば簡易

仮に、商品が届かない等のトラブルに巻き込まれた場合、個人で解決するのはかなり大変ですから、個人輸入の代行サイトを利用するのが安全、かつ簡易な手段でしょう。

「でも外国の医薬品を処方箋なしで買うなんて違法じゃないの?」と気になる人も少なからずいると思います。実は個人が普通に使用する範囲なら、医薬品の輸入は許可されています。ただし、医薬品は輸入段階での手続きが煩雑で大変です。でも輸入代行サイトがその面倒くさいことを全部やってくれますので、購入者は普通の通販と同じ感覚で注文するだけで良く、あとは自宅まで届けてくれるのを、待っているだけでいいのです。

代行サイトを利用しても安価で購入

ところで個人輸入代行サイトを通した分、値段が高くなる心配はないのでしょうか。

病院で診察を受けて、処方してもらうよりもお金がかかってしまうのなら、わざわざ代行業者に注文する意味がなくなります。実際のところは送料などのコストを含めても、病院で処方してもらうおよそ半分程度の値段で、安価に購入できるようです。通院にかかる時間や交通費を考えても、かなり経済的な購入方法と言えるし、まとめ買いをするとさらにお得です。

ただ、海外からの発送となるので、注文をしてから届くまでには少々お時間が必要となります。代行サイトによって日数は変わってくるので、注文をする前にきちんと確認をしておきましょう。

トリキュラーは1度飲めば済む薬品ではありません

トリキュラーは副作用が少なく安全性の高い低用量ピルで、避妊はもちろんのこと、生理痛や生理不順でお悩みの方にも向いています。しかし、ずっと飲み続けなくてはいけない薬なので、長期間にわたってお金がかかってしまうのが悩みです。便利な個人輸入代行サイトを利用すれば、簡単で安価、便利にコスト削減ができますから、忙しい人やお金をかけたくない人には最適な方法です。

大人ニキビに低用量ピルはなぜ効果的?注意点や副作用はある?

「ニキビは青春のシンボル」とも言われますが、実際には大人になってからでもできることは少なくありません。大人になってからできるニキビのことを「大人ニキビ」と呼びます。

10代の若い頃のニキビの治療法とは違って、大人ニキビには避妊薬でもある低用量ピルが効果的となっています。

大人ニキビは女性ホルモンのバランスが原因

原因として考えられる事は、古い角質が残っている事や不規則な生活、栄養バランスの崩れ、ホルモンのバランスなどです。

基本的には乾燥しない様にしたり、睡眠時間の確保などが有効な方法としても良く知られていますが、それ以外に低用量ピルを利用すると言うのも良い方法です。低用量ピルを利用することによって、女性ホルモンのバランスを整える効果が期待出来ます。

また、女性ホルモン自体は皮脂の分泌を促す効果も期待できる為、肌の乾燥などを防ぐ事もできるのです。従って、低用量ピルを利用することによって効果的に大人ニキビを改善することは十分可能です。

低用量ピルの副作用について

ただ、実際には低用量ピルを利用する場合は、服用できない人や副作用などの注意点があります。

  • 低用量ピルの副作用

一般的に低用量ピルに関しては、副作用も少ないタイプだと言う事はよく知られていますが、その人の体質によっては、どうしても吐き気などを感じてしまう事も少なくなく、妊娠の初期のような症状がある場合もあります。他には倦怠感や頭痛、眠気などが強くなったりすることがありますが、体が薬に慣れれば、そういった副作用はほぼ感じなくなる事が多いです。

また、ピルに含まれているエストロゲンが血液を固める因子を持つため、血栓のリスクが高まることがあります。40歳以上の人が服用する場合は、十分注意をしてからの服用がいいでしょう。

  • 低用量ピルが服用できない人

喫煙の習慣がある人も血栓のリスクが高まってしまう為、服用できないと言うことになっています。もし服用したいと思ったら、禁煙する必要があると言うことを知っておくべきです。他に、肥満傾向にある人や血縁者の中に血栓症になったことがある人、筋腫などの女性系の疾患がある人などは、専門の医師に相談してからの服用をおすすめします。

低用量ピルを良く知って効果的に服用

一般的には、正しく服用する事によって避妊効果も期待できるだけでなく、肌の調子が良くなる、月経前症候群なども軽減することができると言う様に、メリットが多いと扱われている薬です。実際に服用する場合、は医薬品ですのでいくつか注意しなければいけない点も存在しています。初めて利用する場合は、自己判断で服用してしまうのではなく、医師・薬剤師の指導の下で服用する事が基本です。

また、副作用はそれほど強く出ることはありませんが、強い吐き気などを感じてしまった場合などは、そのまま飲み続けるのではなくいったん服用を中止して、医師・薬剤師に相談する必要があります。そういう点に注意して利用すれば、比較的安全に、そしてある程度その薬の効果を感じながら利用する事は十分可能です。